ツッコミ・デイズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす

<<   作成日時 : 2005/06/01 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
祖母の一周忌で田舎へ行ってきた。
前々から気になっていたのだが、
キムラ家がお世話になっているこのお寺、
安楽死?ノノノノ、濁って「安楽寺」
こんなネーミングいいのかー!

焼肉屋でもないから!

一生懸命お祈りすると、
苦しまずに旅立つことが出来るのでしょうか。
ありがたい話です。

将来的には自分もココへ入ることに
なるやも知れぬ安楽寺。

さて、会社で二子山親方死去のニュースについて
話していたら、
キムラはどうも、彼には厳しい父親というイメージを
持っていたらしい。
「獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす」
という伝説が頭に浮かんだ。

しかし、このトンでもない話の出所は一体どこなんだろうか。
どうも中国とか、東アジアの儒教文化の匂いがしないでもない。

でも中国にはライオンいないでしょ?
そうすっとアフリカ?

頭の中にンゴロンゴロ自然保護区の映像を
浮かべてみても、あっこはサバンナでしょ?
見渡す限り草原で、千尋どころか谷のひとつもあるかどうか。

まさか王家の谷とか!
それとも父ライオンが子ライオンを引き連れてキリマンジャロに登るとか!
いやいや、いくらアフリカだからっていくらなんでも。

なんて疑問を会社のモリアケミ嬢にぶつけてみると、
「ライオンのオスは子育てしないでしょ」
おぉーとっ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす ツッコミ・デイズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる